こんな携帯電話は買取してもらえない

現在使用している携帯電話を買い替えるタイミングとして一般的な事例は、内蔵しているバッテリーが限界を迎えつつあることで継続使用ができない場合やタイプが古いことによって容量や機能に著しく使える幅が狭くなっていることが挙げられます。これらの事例で携帯電話に限界を感じた時が買い替えのタイミングとなりますが、ただ携帯を買うにしても分割払いにするとしても初期費用にはある程度の資金が必要になります。そのある程度の資金をねん出するために行うのが買取サービスに出すことです。基本的に破損などによって動かくなったとしても専門店に赴けば買取をしてもらえます。それは動かなくなったといっても内部にはレアメタルなど重要な部品が入っているので高く買い取ってもらえます。買取サービスに出すことである程度の資金を手に入れることができますが、ただ実際に携帯を売りに出す場合いくつか注意点を覚えていないと、せっかく専門店に赴いたのに買い取ってもらえない事態になります。

携帯電話を買い取ってもらえない事例その1ネットワーク制限

買い取ってもらえない事例としていくつかありますが、その中でもクリアしておく必要のあるものがネットワーク制限です。ネットワーク制限とは所有主が月額で支払う通話料金を銀行から引き落としできずに滞納したり、紛失した際に第3者に使われないように所有主が契約している会社に連絡して機能を使えないようにすることです。このネットワーク制限がかかったままでは、前の所有主に不利益を被ることがないようにするデータの初期化ができないため専門店で買い取ってもらえないのです。そのためネットワーク制限がかかっている場合には料金滞納の場合には契約会社に料金を支払い、それ以外の事例であれば契約会社に連絡して制限を解除してもらったうえで専門店に持っていくという流れになります。

買い取ってもらえない事例その2

ネットワーク制限が一番の買い取ってもらえない事例ではありますが、それ以外にも細かい事例として買い取ってもらえないことがあります。内部に登録されているデータは個人情報の塊であり、そのまま売りに出すと個人情報を洩れて前回の所有主に不利益になってしまいます。そこで事前に内部情報があらかじめ漏れないように自分のできる範囲で初期化を行う必要があります。そして初期化を行うとともに、暗証番号や指紋認証の解除そしておサイフケータイなどを活用している場合に使うためのアプリケーションをアンインストールすることが条件となります。そして現在はプライバシー保護の観点から現在の所有主が実際に赴く必要があり、さらに所有主であることを認定するために運転免許証などの個人証明できるものを用意する必要があります。