携帯電話の買取に際しての注意ポイント

機種変更や新規購入を考えた場合に、それまで利用していた機種はいらなくなります。携帯キャリア会社に不要になった機種を引き取ってもらい、部品をリサイクルしてもらうのもいいですが、携帯電話の買取専門店に依頼して引き取ってもらうのも良い方法です。店舗に引き取りを頼めば、ある程度値段が付くこともありますので、お得になります。状態が良く、使いやすくて人気のある機種でしたら、思った以上に高額になることもあるでしょう。特に、スマートフォンの利用者が多くなっているので、なかなか電話がかけやすい機種が生産されず、新規の機種を入手するのが難しい状態です。以前の使いやすかった中古の機種を購入して、再度使い直したいと希望する方も多くなっています。その他に、スマートフォンとの2台持ちをしたい方や、仕事とプライベートと分けて持ちたい方が好んで購入する傾向が見られます。特にトラブルがなく、使用に耐えられる機種であれば、検討してみるといいでしょう。

専門店の探し方と売買契約をする際の注意

携帯電話の買取は中古機種専門店や修理店以外に、大手リサイクルショップでも扱うことがあります。最寄りのなければ、ショップサイトの利用も可能です。機種の売却をするにあたり、都道府県の古物商の認可があり、個人情報漏洩を保護する認定証や業界の許可証を提示している所を選びましょう。機種には、消去しきれないデータが残されていることがありますので、データに上書きする形で完全に消去できるようにしている会社があり、機種の売買をする業界の認定を受けている場合があります。店頭やサイトから詳細な説明や、許可証がありますので、申し込む前に確認することをおすすめします。契約をする際には、本人の確認をする証明書が必要となりますので、運転免許証や健康保険証を用意しましょう。成人に達していない場合は、取引できませんので、保護者に依頼するようにしてください。

機種を持ち込む前に準備が必要なこと

携帯電話を買取店に持ち込んで、査定や契約をする前に、必要なデータをパソコンやSDカードに保存して本体から消去し、機種を初期化して出荷前の状態に戻します。また、電話の契約情報が入っているSIMカードが抜いてある状態か確認しましょう。大事なデータが外部に漏れるのを防ぐために必要なことです。アプリの情報や、パスワードが入っている場合も消去して、初期状態に戻すようにしてください。次に購入する方が使えずに、困ることがあります。使っていた機種の料金についても、未払い分がないか確認しましょう。既に機種代金を支払い終えている方や、電話料金を毎月支払っている方は大丈夫です。しかし、未払い分がある機種の場合は、電話会社の側が使えない状態にしていることがあり、落ち度のない次の購入者が電話を使えずに迷惑します。売却の契約をした店舗から、訴えられる恐れもありますので、支払い終えてから契約を結ぶようにしてください。